高配当株ランキング23位 ハウスフリーダム 8996

高配当株

本日は高配当株第23位の企業『(株)ハウスフリーダム』を調べてみました。配当利回りは5.87%です。

事業内容

この企業は、不動産仲介事業、新築戸建分譲事業、建設請負事業、損害保険代理事業、不動産賃貸事業、介護事業の6つの事業を展開しています。

この企業に投資してもいいのか、指標を使って判断したいと思います。各指標で点数付けを行い、成長性があるか判断していきたいと思います。あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

投資判断

結論:投資しない

〔点数14点、○1つ、△5つ、×1つ〕

※17点以上で投資。○3点、△2点、×1点

まとめコメント

売り上げは右肩上がりで絶好調です。しかし利益率は横ばいで少し伸び悩んでいる印象です。配当利回りはここ最近では1番いい利回りで、配当性向もそこまで高くなく、問題なさそうです。自己資本比率が低いのが少し気になるところ。

売上高

売上高:

2021年は対前年で少し下げますが、117億の売り上げ予想です。長期で見ると右肩上がりで成績を上げており、10年前と比較すると約2倍まで上げています。素晴らしい。

〔出典:IRBANK〕

EPS

EPS〔一株あたりの利益〕:

2020年に大幅アップしておりましたが、今期は対前年で-46%となりました。長期で見ても赤字はありませんが、少し波がある。

〔出典:IRBANK〕

営業利益率

営業利益率:

今期は4.87%の営業利益率で、対前年で3%ほど下げた結果となりました。長期で見た場合、赤字はありませんが、ほぼ横ばいとなっています。

〔出典:IRBANK〕

配当利回り

配当利回り:

今期は6%の配当利回りで、直近では高い水準となっています。配当性向も53.8%でそれほど高い数字ではないです。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

自己資本比率

自己資本比率:

長期で見ると右肩下がりで、あまり良くありません。2015年からマイナスが続いていましたが、今期は対前年で3%プラスとなりましたので、来期以降もプラス成長に期待します。

〔出典:IRBANK〕

営業活動によるCF

営業活動によるCF:×

黒字と赤字を行ったり来たりしてるような成績です。まずは赤字を無くして黒字になれるようにしてほしいですね。

〔出典:IRBANK〕

株価・PBR・PER

株価・PBR・PER:

株価は1/5終値で649円

PBRは1.25倍で株価としては割安かと思います。

PERは5.92倍でこちらも株価としては、割安です。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました