高配当株ランキング21位 あるひ(株) 7198

高配当株

本日は高配当株第21位の企業『あるひ(株)』を調べてみました。配当利回りは5.96%です。

事業内容

この企業は、お客さまにとって本当に住みやすい街やライフスタイルに合った家のご紹介、不動産売買のお手伝い、さまざまな暮らしのサービスが付いた住宅ローンなど、住み替えに必要なサービスと商品をワンストップで提供する事業を展開しています。

この企業に投資してもいいのか、指標を使って判断したいと思います。あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

この企業の株を買うか、買わないか

結論:買い

〔点数17点、○4つ、△2つ、×1つ〕

※17点以上で買い。○3点、△2点、×1点

まとめコメント

2014年に創業し、2年半で上場を果たすなど短期で結果を出してきた企業です。短期間のデータしかありませんが、営業収益、利益ともに右肩上がりで良い成績を収めています。利益率も20%前後で高いレベルを維持できている。配当利回りも右肩上がりで増配をしており、配当性向も低いことから、今後も増配が見込めるかもしれません。

営業収益

営業収益:

※売上高の公表が無かったので営業収益で評価します。

2016年から始めて、営業収益は右肩上がりで成績を上げています。今期は295億円の営業収益で対前年で+9.99%となっています。

〔出典:IRBANK〕

EPS

EPS〔一株あたりの利益〕:

EPSは赤字もなく、右肩上がりで推移しており、いい状態です。2022年も対前年で+10.14%予想となっています。

〔出典:IRBANK〕

営業利益率

営業利益率:

2022年の営業利益率は19%あり、非常に高い成績を出しています。営業収益と同様に利益の方も右肩上がりで推移しており、今後の成長にも期待が持てます。

〔出典:IRBANK〕

配当利回り

配当利回り:

配当利回りは過去5年のデータしかありませんが、右肩上がりです。配当性向も37.2%でそこまで高くなく、今後も増配が見込めるかもしれません。特に問題のない数字です。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

自己資本比率

自己資本比率:×

自己資本比率は20%を下回っており、あまりいい状態ではない。

〔出典:IRBANK〕

営業活動によるCF

営業活動によるCF:×

業績は右肩下がりで、途中に赤字も計上しており、安定感に欠ける成績となっている。

〔出典:IRBANK〕

株価・PBR・PER

株価・PBR・PER:

株価は12/30終値で1045円

PBRは2.13倍で株価としては、低い水準ではないが、そんなに高くもない。

PERは12.31倍でこちらもPBR同様に株価は低くもないが高くもない。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました