高配当株ランキング20位 東急建設 1720

高配当株

本日は高配当株第20位の企業『東急建設(株)』を調べてみました。配当利回りは5.96%です。

事業内容

この企業は、建設事業を中心に事業を展開しています。

この企業に投資してもいいのか、指標を使って判断したいと思います。あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

この企業の株を買うか、買わないか

結論:買わない

〔点数10点、○1つ、△1つ、×5つ〕

※17点以上で買い。○3点、△2点、×1点

まとめコメント

配当利回りは右肩上がりで推移しており、配当性向も高く、配当に力を入れています。売上は横ばいで、営業利益率は赤字となっており、企業の成績としては、あまりいい成績とは言えないです。それでもPERの水準は高く、市場からの評価は高いのかもしれません。株価としては少し高価と思います。

売上高

売上高:×

2021年に対前年で28%の売上を落としましたが、2022年は少し回復傾向にあります。それでも長期で見ると、横ばいで推移しており、売上アップ出来ていない内容となっています。

〔出典:IRBANK〕

EPS

EPS〔一株あたりの利益〕:×

2020年までEPSは成長をしておりましたが、2021年以降EPSは下がってきております。特に今期は赤字となっています。

〔出典:IRBANK〕

営業利益率

営業利益率:×

営業利益率はここ最近はコロナの影響からか、業績を下げており、2022年は赤字の計画となっています。

〔出典:IRBANK〕

配当利回り

配当利回り:

2021年3月で、一度利回りが下がりましたが、2021年12月は回復し、6.01%の利回りで過去一の水準となっています。配当性向も2021年から80%以上となっており、配当に力を入れてもらえてるのがわかります。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

自己資本比率

自己資本比率:

長期でみると自己資本比率は右肩上がりで推移しており、今期の自己資本比率は45.4%。過去からすると、大幅に自己資本を増やせています。

〔出典:IRBANK〕

営業活動によるCF

営業活動によるCF:×

黒字と赤字を繰り返しています。今期は黒字ですが、安定感に欠ける内容となっています。

〔出典:IRBANK〕

株価・PBR・PER

株価・PBR・PER:×

株価は12/30終値で666円

PBRは0.61倍で安価な水準

PERは24倍で株価としては高価な水準となっている。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました