高配当株ランキング17位 (株)ジャノメ 6445

高配当株

本日は高配当株第17位の企業『(株)ジャノメ』を調べてみました。配当利回りは6.04%です。

事業内容

この企業は、「家庭用機器事業」を中心に「産業機器事業」、「IT関連事業」及び「その他事業」を事業としています。

この企業に投資してもいいのか、指標を使って判断したいと思います。あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

買い or 買わない

結論:買わない

〔点数16点、○2つ、△5つ、×0つ〕

※17点以上で買い。○3点、△2点、×1点

まとめコメント

2017年から配当を始めてきましたが、配当利回りは右肩上がりで上昇しており、今後も増配が見込める。PBR PERも低い数字で推移しており、株価としては安価。そして直近の売り上げと営業利益率の成績は非常にいいが、一時的なものでないか見極めが必要。来年以降も維持出来るなら買うのはありかも。

売上高

売上高:

直近は例年と比較すると成績はいいですが、長期で見ても±10%前後が多く、大きく変動することなく、売上は横ばいで推移してます。

〔出典:IRBANK〕

EPS

EPS〔一株あたりの利益〕:

右肩下がりで推移していた中、2021年から大幅に値を上げている。赤字は無いが、上下のバラつきも大きいのが現状です。

〔出典:IRBANK〕

営業利益率

営業利益率:

昨年、営業利益率が10%超えを達成しており、直近の成績が非常にいい。今期も9.3%と対前期で下がってはいますが、高いレベルを維持出来てるのは評価できる。ただ、一時的なものに見えてしまうので、△にしました。来年以降もチェックが必要。

〔出典:IRBANK〕

配当利回り

配当利回り:

2017年から配当を始めて、少しずつですが、増配を続けている。今期は5.93%で過去一の利回りとなっていながら、配当性向も30.9%と低いので、来期ももしかすると増配があるかも?しれません。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

自己資本比率

自己資本比率:

右肩上がりで推移しており、今期で、54.7%まで自己資本を増やしており、今後も右肩上がりが期待できる。大台の60%を超えてほしい。

〔出典:IRBANK〕

営業活動によるCF

営業活動によるCF:

今期の成績は対前期で+328%と絶好調。過去と比較しても群を抜いてる。これが一時的なものか、これからも続くのかは見極めが必要かと思います。

〔出典:IRBANK〕

株価・PBR・PER

株価・PBR・PER:

株価は12/27終値で669円

PBRは0.55倍なので、株価は安価

PERも4.1倍なので、株価は安価

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました