高配当株ランキング15位 コニカミノルタ(株) 4902

高配当株

本日は高配当株第15位の企業『コニカミノルタ』を調べてみました。配当利回りは6.16%です。

事業内容

この企業の主な事業はオフィス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業をしています。

この企業に投資してもいいのか、指標を使って判断したいと思います。あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

買い or 買わない

結論:買わない

〔点数12点、○1つ、△3つ、×3つ〕

※17点以上で買い。○3点、△2点、×1点

まとめコメント

オフィス事業はコロナの影響をもろに受け、売上高・営業利益率が2019年より低下しておりましたが、今期はなんとか黒字に回復させてます。長期で成長が難しい観点から買わないと判断しました。

売上高

売上高:

今期の予想は8900億円で、対前年で+3.08%と売上を上げてきている。ただ、長期で見た場合、波はあるが横ばいで推移しており、成長があまり無いように感じる。

〔出典:IRBANK〕

EPS

EPS〔一株あたりの利益〕:×

2019年までは、成績は上向きでしたが、コロナの影響からなのか、赤字が2期連続で続いている。今期はなんとか黒字になる回復する計画となっている。

〔出典:IRBANK〕

営業利益率

営業利益率:×

営業利益率もEPS同様に2019年までは安定して5%前後の営業利益率を確保していたが、2021年に一度赤字となりましたが、今期でなんとか黒字回復を予定している。

〔出典:IRBANK〕

配当利回り

配当利回り:

配当利回りは右肩上がりで推移しており、今期は過去最高の5.8%を計画している。ただ、配当性向が77.9%とやや高めとなっており、今期は頑張って増配してくれたことがわかる。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

自己資本比率

自己資本比率:

自己資本比率は41.5%とそこまで悪い数字ではないです。

〔出典:IRBANK〕

営業活動によるCF

営業活動によるCF:

今期は対前年+158%と大幅な回復となる予想です。ただ、長期で見ると右肩下がりであまりいい状態ではない。

〔出典:IRBANK〕

株価・PBR・ PER

株価・PBR・PER:×

株価は12/24終値で517円

PBRは0.41倍で安価な水準。

PERは赤字となっており、評価のしようが無い状況。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました