高配当株ランキング13位 西松建設(株)1820

高配当株

本日は高配当株第13位の企業『西松建設(株)』を調べてみました。配当利回りは6.22%です。

事業内容

この企業は、建設事業及び不動産事業を主な事業内容としています。

この企業に投資してもいいのか、指標を使って判断したいと思います。あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

買い or 買わない

結論:買わない

〔点数16点、○3つ、△3つ、×1つ〕

※17点以上で買い。○3点、△2点、×1点

まとめコメント

営業利益率、配当利回りは長期で見ると、右肩上がりで推移しており、今後も期待できそうだが、売上高、EPSはここ最近の成績はやや下落気味。営業活動によるCFも赤字などあり、安定感に欠ける成績となってます。

売上高

売り上げ高:

2011年に売上を大きく落としていたが、10年ほどかけて徐々に右肩上がりで売上を戻してきているが、直近は横ばいで成長がストップしてる。

〔出典:IRBANK〕

EPS

EPS〔一株あたりの利益〕:

長期で見ると右肩上がりだが、ここ3年ほどは、右肩下がりとなっている。

〔出典:IRBANK〕

営業利益率

営業利益率:

緩やかな右肩上がりで利益率を伸ばしてきてる。直近は横ばい傾向が続き、成長がストップしてる印象。

〔出典:IRBANK〕

配当利回り

配当利回り:

昨年はコロナ禍の影響なのか、利回りが下がっているが、今期はしっかり増配の対応で素晴らしい。長期で見ても右肩上がりで今後の成長も期待できるかも?配当性向は今期は結構高い水準にいるので、少し注意が必要です。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

自己資本比率

自己資本比率:

自己資本比率は、最低ラインの40%を超えているのと、右肩上がりで自己資本を増やしてるのはいい状態だと思います。この勢いで60%まで頑張ってほしい。

〔出典:IRBANK〕

営業活動によるCF

営業活動によるCF:×

長期でみた時に、黒字と赤字を繰り返しており、安定感に欠ける成績です。直近3年でも赤字を出しており、せめて黒字を継続してほしい。

〔出典:IRBANK〕

株価・PBR・PER

株価・PBR・PER:

株価は12/24終値で、3,625円

PBRは0.75倍で1倍を切ってる内容で、安い水準です。

PERは、8.95倍でこちらも安い水準と言えます。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました