高配当株ランキング第10位 日鉄物産

高配当株

本日は高配当株第10位の企業『日鉄物産』を調べてみました。配当利回りは6.34%です。

この企業は、鉄鋼、産機・インフラ、繊維、食糧その他の商品の販売及び輸出入を主な事業にしています。

この企業に投資してもいいのか、指標を使って判断したいと思います。あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

結論:買わない

〔点数16点、○3つ、△3つ、×1つ〕

※17点以上で買い。○3点、△2点、×1点

〔まとめ〕

配当利回りはここ最近で良くなっており、高配当が期待できる。しかし、営業利益率は黒字はキープできているものの、低い数字で安定しており、物足りなさを感じる。長期で見た場合、あまり成長に期待できないのではないかと思います。

〔1〕売り上げ高:

売り上げは昨年まで右肩上がりで推移していたが、今期は対前年48%減と大幅に売り上げを落としている。鉄の値段が上がってるのが効いてるのかもわからない。

〔出典:IRBANK〕

〔2〕EPS〔一株あたりの利益〕:

途中で下がったりもあるが、緩やかな右肩上がり。今年は対前年で+87%で成長してます。

〔出典:IRBANK〕

〔3〕営業利益率:

営業利益率は横ばいで推移しており、1%前後で黒字はキープしているが、大幅な増収にはなっておらず、頑張ってほしいところ。

〔出典:IRBANK〕

〔4〕配当利回り:

2017年以降で右肩上がりで増配中。素晴らしい。配当性向も緩やかな右肩上がりではあるが、そんなに高い数字ではない為、問題もない。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

〔5〕自己資本比率:

緩やかな右肩上がり。10年前と比較しても、2倍くらいに自己資本を増やしてきてる。今後も上昇が見込め、最低欲しいラインの40%を超えてほしい。

〔出典:IRBANK〕

〔6〕営業活動によるCF:×

黒字と赤字を繰り返しており、あまりいい状態ではない。ここ3年は黒字で右肩上がりとなっており、今後に期待していきたい。

〔出典:IRBANK〕

〔7〕株価・PBR・PER:

PBRは0.51倍で1倍を切ってるので株価としては、安価。

PERも8.21倍とこちらも10倍を切っており、株価としては、安価となっている。

〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕
〔出典:IRBANK〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました