新規公開株〔IPO〕 エフコード 9211

新規公開株

本日は新規公開株〔IPO〕企業である『エフコード』を調べてみました。2021年12月24日に新規公開されました株銘柄です。

事業内容

事業内容はウェブ接客ツール提供とDX支援等を行う企業です。

守備範囲が広いため事業内容を詳しく理解するには、かなり目論見の読み込みが必要だと思います。

同社はウェブ接客ツールの「CODE Marketing Cloud」を利用し、ウェブサイト内の顧客体験をより良質なものへと改善することができるツールを提供しています。

売上高

売上高は綺麗な右肩上がりで推移しており、今期は15%以上成績をあげています。今後も右肩上がりに期待します。

・今期〔対前年〕:+15.74%

・直近〔3年間〕:右肩上がり

EPS〔一株あたりの利益〕

EPSはなかなか安定しておりませんが、今期はプラ転しており、今後安定しながら右肩上がりに期待します。

・今期〔対前年〕:プラ転

・直近〔3年間〕:右肩上がり

営業利益率

営業利益率は今期プラ転しており、成績も5.95%となっています。黒字にできたことは喜んでいいことかと思います。

・今期〔対前年〕:プラ

配当利回り

配当はありません。

自己資本比率

自己資本比率は、対前期で+6%となりましたが、それでも11%しかなく、自己資本比率が高いとは言えないレベルです。

・今期〔対前年〕:+6.4%

・直近〔3年間〕:右肩上がり

営業活動によるCF

営業活動によるCFは今期プラ転しました。

・今期〔対前年〕:プラ

ROA

ROAは今期プラ転しており、数字としては、7.83%となっています。黒字にできたことは最低限必要なことなので、今後もキープしてもらいたい。

・今期〔対前年〕:プラ

ROE

ROEは今期プラ転しており、数字も71%と非常に高い成績を計上しております。

・今期〔対前年〕:プラ

株価

株価:一株1万円付近まで上昇しましたが、現在は4,325円で最高値から半以下となっており、上場後の値段も下回っています。

・株価:4,325円〔2/4終値〕

投資判断

結論:投資しない

今人気のあるDX分野を主としている企業です。売上高は右肩上がりで推移しており、絶好調ですが、利益率がようやく今期黒字化できました。まだまだ安定してる数字とは言い難いため、今回は投資しないと判断しました。

最後に

あくまで個人的な意見ですので、投資される場合は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました